ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

紹介

ブラウザ画面が黒く欠ける対処法

スポンサーリンク // ネットの表示がおかしくなった ある日から、Chromeでブラウザページの一部が黒く欠けるようになりました。上画像のように、四角い黒が出てしまいます。正しく表示されず、簡単に言うと、ネット画面が変なのです。

就寝時に間接照明をつけるべきなのかと、入眠時幻覚への対策を考えた

就寝時の明るさはどの程度が最適なのかと考えました。そして、持病の症状出現も合わせて、自分にとっての最適解を出すまでの内容です。

メルカリで配送選択する際の注意点

注意:これは自分用メモである ・この記事を参照に行動をされた後、もし不利益を被ることがあっても責任は負えない。 ・自分が発送するとき、使用する可能性がある配送方法についてのみ記載している。メルカリには自分が記載した以外の配送方法も存在する。 …

眠気による判断能力の低下とその相関性

眠いと判断力と、反応時間が落ちるというのはよく知られたことです。 自分は眠気によって、どれくらい判断力が落ちるのか。ふいに思い立ったので、簡易的に検証しました。 ゲームアプリ「数学の王者」を使用 数学の王者 Oddrobo Software AB 教育 無料 随分…

ショートスリーパーは遺伝子によって決まるらしい

短眠者(ショートスリーパー)。憧れます。短い睡眠時間で十分だなんて、起きている時間がたくさんあるだなんて、未知の世界です。彼らは1日の時間 間隔が分断することはそうないのでしょう。 そして今日、くだんの短眠者は遺伝子が突然変異している説を知り…

茶道体験をして、あることを痛感した

スポンサーリンク // 「武人は茶と花を心得るべし」by 織田信長 in『花戦さ』 花戦さ posted with カエレバ 野村萬斎 myシアターD.D. 2017-12-06 Amazon 楽天市場 長年お茶を点てることに憧れてきた私。ずっとやってみたかったんです 。そして、京都へ行った…

ナルコレプシーの原因。諸説

過去の記事において、私の持病、ナルコレプシーの原因について記載しました。 時間の経過とともに筆者の認識と理解が変化したのでまとめます。

映画『パプリカ』を観ました

睡眠中の夢の中に介入し、精神に影響を与えるという内容の夢です。2006年の映画を今更ながら初めて観ました。1回観ただけで理解するのは難しい作品で、2回目を見終わって、やっとストーリーがわかりました。 パプリカ [Blu-ray] posted with カエレバ 林原め…

自覚していない睡眠不足と、必要睡眠時間について

神は現世におけるいろいろな心配事のつぐないとして、われわれに希望と睡眠とを与え給うた。 ヴォルテール(Voltaire)/フランスの小説家・劇作家・思想家 /1694~1778

夢がループする理由と効果

以前、状況が無限にループする夢についての記事を書きました。 月日は過ぎ、これまでに多くの方に読んで頂きました。中には共感を得たといった感想を目にすることもあります。似たような体験をした人は私以外にもいらっしゃるのですね。 あれから夢がループ…

MX4D体験という扉を開きました

スポンサーリンク // 去年体験したIMAX2D体験の続編です。今まで興味を持たなかったのですが、急に猛烈に4D体験をしたくなりましたので行ってきました。

「ナルコレプシーの症状を改善する物質が開発された」というニュース

目次 目次 新聞コラムに「ナルコレプシー」 ナルコレプシー治療薬についてのニュース 補足事項 ものぐさ太郎 春眠 参照・参考 関連記事

ナルコレプシーに対する東洋医学治療の可能性について

東洋医学と西洋医学 ナルコレプシーの対症治療において、一般的に第一選択されるものが、西洋医学に分類される薬です。 この記事は、それがよいか、悪いかの見解についてではなく、他にも東洋医学があるのだから、どんな治療法があるのかしら、有効なのかし…

遊んでいるときは眠くならないのはなぜ

Why am I not sleeping while I am playing? ネットの海を漂っていると時々見かけます。ナルコレプシーを患っている人を客観的に見て、「遊んでいるときは寝ないよね」という意見を。 その理由について調べた結果と、考察を述べることにします。 今から記載…

FlashAirを使ってスマホとWi-Fi接続するときは、カメラ側の設定に注意

現代人のほとんどがカメラ機能がついた機器を持ち歩いている時代。 いくらスマホのカメラが高性能になっていても、写真撮影に特化した機器である ”カメラ” には敵わないところはまだまだあります。 というわけで、お出かけや旅行時に、一眼と名のつくカメラ…

京都で源氏物語を味わう之巻

かねてよりお慕いしています。 『源氏物語』 謹訳 源氏物語 一 posted with ヨメレバ 林望 祥伝社 2010-03-16 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 上記の現代誤訳本は、小説のようになるべく読みやすい文章を心がけたそうです。全十巻で長いですが、最後ま…

血液型といえばABO式ばかり注目されているけれど、白血球にも血液型はあるという紹介と、血液型占いの不毛さ

血液型を他人に聞くのが好きな人、時々遭遇します。運悪く、その人のターゲットになってしまったとき、私はあえて「知らない」と返します。もしABO式の血液型を言ったならば、例の「血液型別 性格診断」に当てはめたことが返ってくるに決まっているからです…

過眠症の人、疑いがある人向け。どれだけ眠いと寝落ちるのかを測ることの すゝめ

起きていること(覚醒) を維持するための脳内物質(オレキシン) が著しく少ない病気、ナルコレプシー。 よって、いつでも眠るし、どこでも眠る。上記画像のような雪景色の中だったとしても(実体験)

LINEアプリ内以外で有料スタンプを購入する方法

スポンサーリンク //

『君の名は』で名前がわからない理由

『君の名は』映画『君の名は。』公式サイト 2016年8月26日から公開が始まり、11月19日現在。世の熱はまだ冷めていないようです。 さすが、2016年のヒット商品2位なだけあります。(ちなみに1位はポケモンGO: 「2016年ヒット商品」1位はポケモンGO、2位は『君…

映画をIMAX2Dで見ました。

IMAX2D体験をしてきました。なんか面白そう! ということで。

マルチタスクで脳が破壊されるという情報が信じがたかったので、調べてみました。

2016年6月19日に放送された番組の内容がネット上で話題になっている様子。 「テレビを見ながらスマホでSNSの操作は脳機能を破壊」 (「林先生が驚く初耳学」より) MAJIDE と思ったので、ひとまずネット上で詳細を調べてみました。マルチタスクは自分もよくや…

ブルーライト軽減フィルターによって目の疲れが軽減

スポンサーリンク // 数年前から愛用しています。ブルーライト軽減フィルター。 世の中には画面に貼る液晶フィルムタイプや、ブルーライトカット眼鏡などが出回っていますが、いずれも一長一短があります。 フィルターは一度貼ってしまうと気軽に剥がすこと…

博物館・美術館で鑑賞するときのマナー

美術館はいいですね。私は好きです、時を越えて残るものをじっくりと鑑賞できるところが。博物館もいいですね。知らなかったことと出会う機会になったり、より理解を深めることができる希少な場所です。 この先はあのステキな空間で振舞うべき最低限のマナー…

バッファローキーボードの保証期間についての衝撃

スポンサーリンク // 電化製品の保証期間はどれも一律で、一年間はあると思っていました。なんとなくその認識が出来上がっていました。しかし場合によっては違うこともあるようです。それが今回の話です。

お金をかけずに唇荒れを治す方法

スポンサーリンク // 私だけでしょうか。他にも同じ状態に陥った人がいますでしょうか。 リップクリームを塗っても塗っても一向に潤わない現象。 数時間置きに塗っても、リップクリームの種類を変えても、変えても唇の荒れはむしろひどくなる一方で。そして…

16性格診断がすごく細かくて適確

人の性格を16種類に分類する性格診断があります。日本だけではなく、海外でも使われているようです。(英語版の診断結果もあるため) 16性格診断とは4種類の性質を組み合わせ16パターン分けされます。 「I (内向)、E ( 外向)」 「N (直感)、S (現実)」 「F (感…

SUICAでオートチャージを出来るようにしたらすごく快適な生活が送れるようになりました!

駅でチャージが面倒 交通系ICカード。便利ですが、毎回のチャージが鬱陶しいと前々から思っていました。ここしばらくはチャージする回数が増えてしまったので余計に(小額ずつしかチャージできないチキンなもので)。

困難に立ち向かってきた経験者を「闘士」と称した人

完璧な履歴書を持つ候補者と、困難を戦い抜いてきた候補者のどちらかを選ぶことになったとき、人事部長のレジーナ・ハートリーは常に「闘士」にチャンスを与えると言います。自身逆境を生き抜いてきたハートリーは、最悪のところから這い上がってきた人には変…

カフェイン中毒は他人事ではない

2015年12月 「男性がカフェイン中毒により死亡」 といった内容のニュースが報じられたその日から、エナジードリンクに対する世間の見方が変わったと感じます。 翌日、就業している場所にて、モンスターを飲んでいる人に向かって「それ飲み過ぎると死ぬらしい…