ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

複数該当したらナルコレプシーの可能性を疑うべき22個

スポンサーリンク

 

 

f:id:ri_tc:20150419151632j:plain

「自分、過眠症かも・・・・!︎ ナルコレプシーかも・・・・!」 と思った方がいい人チェック

 

  1. 起床して2~3時間後にはまた就寝できそうなくらいの眠気がくる。1日の中で数時間置きに極度の眠気が生じる
  2. 17時〜21時 のように、夕方以降からそこそこ眠った日でも、夜いつも通り眠れる
  3. 寝床に伏すと、たいてい5分以内には眠れる
  4. 「眠り姫」もしくはそれに準じる異名がある、あった
  5. 学生時代の授業中、シャー芯、ホッチキス、カッター…色々試したけれど効果があったものはない
  6. (眠ろうとしているのに)「眠れない」という単語は久しく使っていない → むしろ「眠れない」という感覚が思い出せない
  7. 週に何回も金縛りに遭う
  8. 就寝しようとしていると霊体験に思えるものがたびたびある
  9. 「スイッチが切れたみたいに寝るね」に準ずることを言われたことがある
  10. その気はなかったのに首だけ脱力して眠っていたことがある
  11. 定期試験でも、問題解きながら眠ったことがある
  12. (スマホをいじるなど他のことはせずに)TVを見ていてるだけのとき、1時間番組が最後までもたない
  13. 血縁の葬式でも眠った(眠気が悲しみに勝つ)
  14. (自分が)話している最中に眠ったことがある
  15. 電話しながら眠ったことがある
  16. 食事中に眠ることがある
  17. 夢をよく見る
  18. 夢と現実の境がわからなくなったことがある
  19. 眠いときに瞬間的に眠る(意識が飛ぶ)ことがある
  20. 意識朦朧の中作業を続けたことがある → 目が醒めた後、眠かったとき(少し前の自分)の行動をたどったことがある
  21. フローリングのような床でもよく眠れる、眠ってしまう
  22. 極度に眠いと身体が動かなくなることがある (ただし自宅に限る)

 

思いついたままに連ねてみました。一般的に言われていることと、自分の体験を織り交ぜてます。正直、つい1年程前までこれは皆に起こりうることだと思っていました。違うんですね・・・・。

上記が複数当てはまったならば、ナルコレプシーに限らず過眠症を疑った方がいいでしょう。しかしいくら疑いが強くても、行動を起こさなければ疑いの粋は越えません。黒白つけたい、つける必要があるならば病院を受診するべきです。

眠気が日常生活にいくら支障をきたしていても、それを許さないのが社会です。ほとんどの人が居眠りを経験しているけれども、居眠りを悪と認識しているのです。過眠症には肩身が狭いです。それでも生活を続けなければならないので、自分のことを知るのは大切だと思います。自覚することにより、自分がどうしたらいいのかを考え直せるかもしれません。

 

 


関連記事