ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

映画『パプリカ』を観ました

睡眠中の夢の中に介入し、精神に影響を与えるという内容の夢です。2006年の映画を今更ながら初めて観ました。1回観ただけで理解するのは難しい作品で、2回目を見終わって、やっとストーリーがわかりました。


目次

 

スポンサーリンク

 


あらすじ

夢の中で精神療法の治療をする機械を開発したというのが、物語の始まり。

そのために使用する、開発中の機械が盗まれ、夢の中で精神を攻撃し、崩壊させてしまうテロが起きる。被害者は、支離滅裂なことを話し、窓から飛び降りるといった危行に及ぶ。 犯人を追っていく過程で、夢と現実の区別がつかなくなり、やがて現実が夢に侵食される。

 

 


感想

他人の夢に介入する

他人の夢に入り込むとは、それこそ夢のような、怖ろしいような気持ちです。自分の夢でも悪夢は耐え難いのに、他人のまで見たいとは思えないです。

 

夢の世界は、眠っているからこそ耐えられるのか、覚醒していても耐えられるのか。

 

このセラピストは並の精神力では務めることができないと思います。だから敦子さんは、パプリカという別の人間を演じることで、いわば別人格でいることで、敦子という自我を保っていたのではないかと。「敦子にとって、パプリカは分身だ」「敦子がパプリカの分身なのかもしれない」現実に夢が混入してきたことで、敦子のバランスも崩れたのかもしれない、と考察しました。

 

 

「抑圧した感情が噴出するのは、ネットも夢も同じ」

 

夢の中で見ている内容は、深層心理には影響はないという説もある。

心理学的に関連があるといわれ、夢占いにもなっている説もある。

 

どちらが正しいのかは、まだわかりません。もしかしたら両方なのかもしれません。 夢の中で人為的に働きかければ、心理状態に効果があるのかもしれない、という考えは画期的でだと思いました。きっと起きているときよりも、無防備な状態というのは、きっと間違いない。

 

パプリカ氏いわく、同じレム睡眠でも、時間帯によって見る夢が違うそうです。

 

  • 深夜:芸術的な短編映画
  • 明け方:長編娯楽映画

 

つい悪夢の方にばかり考えが向いてしまいますが、夢は芸術的でもあり、娯楽のようなものも見せてくれます。苦しいことばかりでもないと思いださせてくれました。

 

夢は自覚しなくても、脳の記憶と精神衛生の刷新に効果があると言われています。この開発機による精神療法は、きっと自己の修復だけでは及ばないところにまで働きかけるのでしょうね。だから良に働ければ、治療になり、悪意のある使い方をすれば、覚醒後の行動をも狂わせてしまうものだ、ということだと思います。

 

音楽と映像

音楽と映像がステキで、あとは描写がリアルで細かかったのが印象的でした。パレードのシーンに流れていた音楽は夢に出そうです。パレードらしい、こやかましさだけでなく、不気味さも持つ音楽で、映像の不気味さをかきたてるにはよい演出でした。

 

 

最後に

作品全体としては、狂ったストーリーの、狂った展開が気に入りました。途中、現実なのか、夢のシーンなのかわからないところがとくに。気持ちが前のめりになりました。展開を予想させないところ、次にどうなるのだろうというハラハラ感。それらを併せ持つ作品はあまり出会うことがなかったので、私の中で新鮮でした。監督の別作品もぜひ観ようと決意。

  


関連記事

ナルコレプシーの「現実感の強い夢」とは

起きても起きても、夢が続く。 無限ループな夢の話 

心霊現象と金縛りの真実

リトルバスターズのナルコレプシーとの違いを考えてみた

『君の名は』で名前がわからない理由