ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

MX4D体験という扉を開きました

スポンサーリンク

 

 

去年体験したIMAX2D体験の続編です。今まで興味を持たなかったのですが、急に猛烈に4D体験をしたくなりましたので行ってきました。


目次

 


映画タイトル

鑑賞した映画のタイトルはこちら『ジョン・ウイック :チャプター2』(原題:JOHN WICK CHAPTER2)簡潔かつ雑に説明すると、一回は引退した殺し屋が復活して、イタリアンマフィアやニューヨーク中の殺し屋を相手にする話です。アクションムービー。

キアヌ・リーブスのアクションはもとより、舞台になっている建物や内装がとてもステキでした。西洋起源の「夜の礼装」って好きです。

 


2分30秒でとてもわかりやすくて、的確な説明です。 前作のおさらいもできました。

 


MX4Dとは

MediaMation MX4Dとは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムです。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。“MediaMation MX4Dの登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。

引用:MX4D™ || TOHOシネマズ

 

結論から申し上げると、「MX4Dはとても楽しかった! でも二度目はない」という感想です。やはり「映画を見た」というよりは、「アトラクションを体験した」の方が印象が強いです。なのでストーリーにはあまり集中出来ませんでした。非日常体験としては、よかったです。

 

 


座席について

  • 大きい、広い、座り心地よい
  • 深く座るよう指示される

大人でも身長や足の長さによっては足がつかない可能性有。160弱の私は つま先までしかつきませんでした。(靴のヒールがない場合)それでも足元の演出にはとくに影響がありません。

 

  • 荷物は床には置けない
  • 荷物が多いときはシアター直近のロッカーに入れられる
  • 傘を預ける場所有
  • 飲み物は場合によってはこぼれる可能性有。ポップコーンは特に危険であると思われる
荷物は床に置けないので、スクリーン直近にあるロッカーに預けるか、膝の上にのせるよう指示されました
 
  • 水しぶきで時折、眼鏡が濡れる

事前情報で、水で3D眼鏡が濡れると見たので、眼鏡拭きを待機させて鑑賞しました。3〜4回くらい活躍してくれました。私の場合、視力矯正用眼鏡なもので。どうしてもレンズが濡れるのが我慢出来なかったんです…。この作品は、画面が見れなくなるほどの水は出なかったので、別に拭かなくても見続けることはできましたが、気分の問題です。

コンタクトレンズの選択肢があるならば、推奨します。

 

スポンサーリンク

 

 


値段

作品や、劇場によっても料金が違うようです。

4D料金は1000~1200円。もし3Dや、いい音響だと さらに加算です。

MX4D™ || TOHOシネマズ

 

 


4Dな演出

  • カーアクションに合わせて椅子が動き、振動や風がくるので臨場感満載
  • 返り血代わりの水しぶき
  • 体術中は振動が最高潮
  • 銃撃戦のときは、ストロボが連続発光するので、目がチカチカする

 

『ジョン・ウィック2』はアクションメインの作品なので、アトラクション的な意味では最高だったと思います。匂いの演出も何回かあったように思えますが、あまり覚えていないです。どんな場面で噴射されたかすら覚えていません。より印象に残るのは振動系の方でした。

 

 


余談

今回の第一目的は「MX4Dとはどういうものか体験する」だったので、何を見るか迷いました。真っ先に候補に上がったのが『パイレーツオブカリビアン』ですが、3Dもセットになっているので敬遠しました。3D映画は酔うので苦手なもので。あとは、好みがイギリス系ファンタジー作品よりは、銃火器アクション系だったのも決定打の一つです。

 

また、座席は4席1セットで椅子が動く仕組みにっていました。私が行った上映回は、座席がいくつか空いていたので、1セット中の4席誰も座っていない椅子も存在しました。ふと、その座席を見ましたら、全く動いていなかったので、チケットが購入された席のみを稼働させるシステムのようです。便利ですね。

 


関連記事