ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

「就寝時 幻聴」と検索した結果

,

f:id:ri_tc:20170203052618j:plain

入眠時(眠ろうとしているとき) に幻覚を見る人へ

その幻覚が就寝時に限っているならば、睡眠障害かもしれない

 

一時的な症状ならば、疲れや、よく眠れない などの他の要素があるかもしれない。気にする必要がないことかもしれない。しかし長期に渡って、入眠時(眠ろうとしているとき)幻覚・幻聴がするならば、何かを疑う必要があることでしょう

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 


近頃、就寝時の幻聴が特にひどい

私が聞こえる幻聴は主に人の話し声。それも「目を閉じているときに限る目を開ければその話し声は聞こえなくなる

なので、現実ではなく、幻聴というのは確定なのです。

 

 

幻覚がなく、幻聴だけ というのは(私にとって)よくあることです。 私に話しかけているのか、他の人と会話をしているのかはわかりませんが、とにかく誰かが言語を発しているのが聞こえます。

(聞こえるといっても、日常生活で聞こえているような「音」としてではなく、脳に直接働きかけられているような、そんな風に感じます)

 

 

 

私はナルコレプシーという睡眠障害を発症しており、その諸症状の中に「入眠時幻覚・幻聴」というものが含まれています。なので この幻聴については特段思い詰めていません。幻聴のように感じているだけで、実際は夢の一部ですから。

 

ただ、就寝時にわずらわしいと思っている程度です。幻覚や金縛りが生じるよりも ずっとましなものだと感じています。

 

(幻覚が伴う場合は、見えるモードになると、目を開けても閉じてもしばらく見えています。しかし幻聴だけのときは、目を開ければ聞こえなくなるのです)

 


 検索、その結果

この就寝時の幻聴というのは、「ナルコレプシー」の人間だけなのだろうか、と ある日気になりました。そこでネットで検索してみると、以下のような結果が出ました。

 

(きっと日にもよるでしょうが)2017年1月某日、Googleの場合、検索ランキングの1ページ目下段と2段目中段辺りに「睡眠障害」を危惧する記事が出てきました。

 

主に出てくるのは統合失調症を始めとする、精神疾患の疑いを示唆するもの。

彼らと、我々(ナルコレプシー勢) との大きな違いは日中の活動中にもその幻聴・幻覚がするというところです。 そのため、長期に渡って生じている幻聴・幻覚という症状が「就寝時のみ」なのか、「日中の活動中も」なのかが大きな分かれ目になると思われます。(私は専門家ではありませんことを付け加えておきます)

 

「就寝時に限る」ならば、睡眠障害かもしれないし、さらにはナルコレプシーかもしれないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 


まとめ

通説としては「幻聴=精神疾患」という方程式の方が一般的のようです。

 

もし、私と同じように「就寝時 幻聴」と検索した人がいると仮定。その人は(私と違って)、自分の身に起こっていることを調べるためだった場合、日によっては「睡眠障害」という言葉にたどり着けないこともあるのでは、と感じました。

 

ナルコレプシーの疑いを感じている人ならば、きっと最も苦しんでいるのは幻聴ではなく、眠気の方でしょう。なので眠気の方向から検索した人ならば きっと病名までにたどり着けます。けれど人の行動というものは千差万別なので、確定ではないんですよね。

 

 

睡眠障害の疑いがあって、まだ気づいていない人が、「幻聴」の方から検索したとき、この記事に たどり着けることを願います。そして病名を知るきっかけになれたならば、喜ばしいことです。


関連記事