ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

ブルーライト軽減フィルターによって目の疲れが軽減

スポンサーリンク

 

 

f:id:ri_tc:20160518132933j:plain

数年前から愛用しています。ブルーライト軽減フィルター。 世の中には画面に貼る液晶フィルムタイプや、ブルーライトカット眼鏡などが出回っていますが、いずれも一長一短があります。

フィルターは一度貼ってしまうと気軽に剥がすことが難しくなります。色を変えないでブルーライトをカットしてくれるタイプだといいんですけど、もしオレンジっぽくなってしまうものだった場合、写真を見るときのように少々わずらわしく感じるときもあります。 何よりこの2つはお金が別途かかる。わざわざかかる。

しかも眼鏡勢の私としては、度の入っていない眼鏡を買うことはあまり現実的ではなかったのです。 → 家ではコンタクトレンズをつけないため

 

ブルーライト軽減アプリ、もしくはソフトならば無料のものがありますし、それで十分な効果を発揮します。

アプリもしくはソフトをオン

画面がオレンジっぽく、かつちょっと暗めになる (レベルは自分で調整可)

オフにすればいつもの(青っぽい) 画面に戻る。

こちらを使うと、なんと眼が、疲れにくいのです。

明るい画面が苦手で、普段どの画面も真ん中よりもさらに暗めに設定している私も、その効果を実感しています。私はもう、これらがないと画面を見ることに耐えられなくなりました。

現在使用中のラインナップ

PC用 : f.lux【無料】

ダウンロード→ f.lux: software to make your life better

詳しい設定方法について。以下の記事の方も書いていますが、本当に「使わない理由がない」です。


アンドロイドタブレット : ブルーライト軽減フィルター(アプリ)【無料】


iphone : ブルーライト軽減 保護フィルム → アイフォンでは今までちょうどいいアプリが見つけられなかったため

version9.3 から 設定でブルーライト軽減することが出来るようになりました。



関連記事

バッファローキーボードの保証期間についての衝撃

SUICAでオートチャージを出来るようにしたらすごく快適な生活が送れるようになりました!