ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

引き金は主に笑ったとき ~情動脱力発作~

f:id:ri_tc:20160120131240j:plain

外食中でも、センター試験でも、上司と会話中でも眠る可能性を持っている病気です。その名はナルコレプシーです。

「最近眠いな、よく寝ちゃうな」という人よりも「どうしたら起きていられるのだろうか…!!??」と常日頃から考えて自問している人の方が黒である可能性が高いと考えます。過眠症とは一過性のものではないのですから

 

今回は「睡眠発作」以外の症状の一つ、「情動脱力発作(カタプレシキー)」について。「睡眠障害」という区分であっても、睡眠以外の症状もあります。

●情動脱力発作(カタプレキシー)●


喜怒哀楽の感情が強く働いたときに、全身あるいは膝、腰、あご、まぶたなどの体の筋肉の力が突然抜けてしまう症状のことを情動脱力発作といいます。とくに、大笑いするなどのいい意味での感情興奮が生じたときに起こりやすいという特徴があります。

引用:過眠症ランド - ナルコレプシー -情動脱力発作

力が抜けるのは「全身あるいは身体の一部」です。 力が抜ける程度、発作の 時間は数秒~数十分と個人差があります。*1

スポンサーリンク

 


目次

 


私の情動脱力発作

ずっと私はこの症状がないタイプのナルコレプシーだと思っていました。

だがしかし、ある日気づいたのです。笑うといつも膝と肘の力が抜けそうになっている(がくがくする)ことに。私、一部の関節のみ力が抜けるタイプかもしれません。

今思えば、これまで起立状態の時に大笑いした際はよくしゃがんでいました。今でもそうです

どうしようもなくてその体制になるというよりは、力が抜けそうになって気持ち悪いので、いっそしゃがんだ方が楽だからです。 「力が抜けそうになる」ということは、起立状態は保つことは可能という意です(私の場合)。

 

しかし、以前、超絶眠いときに歩行しながら会話していました際に笑ったら尻もちつきました。超絶眠いときは、本当、色々無理みたいです。眠気レベルがそんなに高くないときでしたら、そのまま起立し続けていることは可能です。

※「笑う」というのは意図的な笑顔のような人工物ではなく、会話の中で生まれる自然の笑いのときです。面白くて笑う、楽しくて笑うが該当します。

「笑うと肘膝の力が抜けそうになる」のがナルコレプシーの症状の一種なのかは正直不明瞭です。逆に言えばナルコレプシー以外の原因が見当たらないので、きっとそうなのだろうと判断している次第です。


発作への対策

f:id:ri_tc:20160120131748j:plain

幸いにも私はこの症状に対して深刻に感じていないので、現状維持(つまり何もしない)でいこうと考えています。

しかし日常生活に影響があって、なんとかしたいと思っている場合、脱力発作を抑える薬はあるんですって。

情動脱力発作、入眠時幻覚、睡眠麻痺を抑える (レム睡眠を強力に抑制する) → 三環系抗うつ薬

  • クロミプラミン(アナフラニール)
  • イミプラミン(トフラニール)

<抗うつ薬の中で副作用が少ないもの>

  • セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) :パロキセチン(パキシル)、フルボキサミン(ルボックス、デジレル)
  • セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI):ミルナシプラン(トレドミン)

引用:ナルコレプシー治療薬まとめメモ

いずれも副作用のことが言われていますし、対症用の薬なので、飲む飲まないはよく考えた上での方がよさそうです。

スポンサーリンク

 


おわりに

無理に笑う必要はないと思っていますが、笑いたいときに笑えない、笑うことが怖いと感じている。そんなことが起こりうるのは寂しいものですね。 この症状の程度によっては、感情を表すことに対して臆病になっても不思議ではないんでしょうね。

人によっては、全身の力が抜けてしまうこともあるそうなので。

私の脱力は笑っても周りに身体に異変が起きていることが気づかれずらいです。なので臆することなく感情を出しています。

自分の脱力に気づいたことにより、世の中に存在する疾患で他人に気づかれない身体の異変、発作というのはきっと少なくないと思い直すようにもなりました。

「『平気そうに見える』から(問題を)見つめる必要がない」と判断するのはきっと誤りです。


関連記事

 

*1:

参考情報:

てんかん発作との相違は、てんかんの場合は発作時に意識が消失しますが、ナルコレプシーで出現する情動脱力発作は意識がはっきりとしており、筋肉に力が入らない以外に異常は認められません。

 引用:過眠症ランド - ナルコレプシー -情動脱力発作

実際に情動脱力発作(カタプレキシー)が生じている瞬間を映した動画はこちら → いつ落ちるかわからない・・・迫りくる睡魔との戦い、睡眠障害「ナルコレプシー」の症状を記録した女性 : カラパイア