ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

起きても起きても、夢が続く。 無限ループな夢の話

f:id:ri_tc:20151119121005j:plain

ナルコレプシーですと、夢をよくみます。なかでも悪夢や、異常な夢をよく見やすいらしいです。その中で、「現実的な夢」とセットになって度々出てくる「(現実的で)無限ループな夢」について

現実的な夢とは

睡眠中に見る夢で五感(視・聴・嗅・味・触覚)がある夢。触覚があるということは同時に痛覚もある夢

夢を見ていることに気づけない夢。

夢であることを忘れてしまう夢

 

スポンサーリンク

 

 


目次

 


無限ループな夢 概要

  1.  寝ていたが途中で目が覚める
  2. 現実的な何かが起きる
  3. ハッと起きる「なんださっきのは夢だったのか」
  4. そして眠りに戻る
  5. 目が覚める
  6. 再び現実的な何かが起きる。(2番で見たものの繰り返し、延長、別の出来事など)

 

  1. ハッと起きる「なんださっきのは夢だったのか」
  2. そして眠りに戻る
  3. 目が覚める
  4. 再び現実的な何かが起きる。(2番で見たものの繰り返し、延長、別の出来事など)

 

 

(上記セクションを無限ループ。そのうち起床できる。起床するまでこのループは続く)

オチは上記の全てが夢です。いわゆる夢オチってやつですね。この間一度も目を覚ましていません起きても、起きても延々と夢です。なので無限ループの中で見た「現実的なこと」は一つも現実ではありません

「現実的な何か」とは、嫌なことや、日常的なこと、霊体験など各種揃っています。

霊体験風であってもなくても、金縛りオプションが付いてくることもあります。

ナルコレプシーでは無限ループな夢は不定期に生じます。ただでさえ夢を見やすいナルコレプシーなので、やはり睡眠が健常な方よりもナルコレプシーみたいな睡眠障害の方が見やすいようです。

それから、普段から日中の作業中に意識飛ばして現実的な夢を見るせいで、現実と夢の境がわからなくなる経験が少なくないのも起因していると思います何かを行っている最中でも意思に反して急に眠ってしまうことは、日常です

なので夢の中で急に意識が飛んでも違和感に思えないんです。そして一部が夢なのか、全部が夢かの判断は、完全に覚醒するまでできません。そんなときは完全に覚醒した後でも探り探り状況証拠を見つけていきます

 

無限ループ夢のような表現は時々アニメや映画・ドラマなどでお見かけします。

最初にこの手の描写を考えた人ってどんな人なんですかね。天才だと思ってます。たいていの人は映画などでしか見られないものを、不定期に体験できるって、ナルコレプシーって(ある意味)すごいなと、この記事を書きながら思いました。


私が最近見た「無限ループな夢」

1.タイトル:お昼寝中に降りかかった恐怖

f:id:ri_tc:20150914213111j:plain

  • 上司から着信&メールがきて起きる 
  • 「無断欠勤だぞ」的な内容のメールが届いてビビりつつも意識飛ぶ
  • 慌てて起きて「無断じゃないです、もともと休みです」の内容を返信をしようとする
  • メール打ちながらまた意識飛ぶ
  • 起きて握っていたスマホを見ると「あれ、さっき作成していたメールがないな。」もう一度作り直す
  • 途中で意識飛ぶ
  • スマホを見て「あれ、おかしいな」またメールを作成しようとする
  • 途中で意識飛ぶ

 

例に漏れず、上記のことは全て夢です。この間一度も目を覚ましていません。

スマホを操作する感触も、お布団の柔らかさも、その他諸々の色々な触覚だけでなく、部屋の空気も同じだったんですもの。夢だと気づけない気づけない。

本当に起きたとき、ビビりながらメールと着信履歴を確認して首をかしげました。じきに全て夢だったと気づきました。

スマホを握り締めた状態で意識飛ばしたはずなのに、机の上に戻っていましたし。

そもそも、上司は私の(私用)メルアドを知らない

覚醒状態ならば気づくような決定的な事実に気づけないのが夢の中です。夢の中では夢で生じていることに全力なので意識がいかないんですかね。

それでも起きた直後は電話して確認とりたくなる程に混乱したものです。

 

 

(2016年2月26日追記

睡眠中はメタ認知が出来ないため、通常ではありえないことであっても、認知することが出来ないのです)


 

2.タイトル:訪問者はまだか

f:id:ri_tc:20150914213734j:plain

業者さんが来る予定の日。とても眠くなったので、ベッドに横になり眠ることにしました。家族が在宅しているので訪問者に向けて特段待ち構えている必要もなかったのです。

  • 目を覚ますと隣の部屋から知らない人の声がする、『ああ、業者さんが来たのか』
  • そういえば自分の部屋のドアを閉めていなかった、閉めなきゃなーー
  • 寝落ち
  • 再び目を覚ました
  • あれ、まだ声がする。まだいるのか
  • 部屋のドアを閉めなきゃーー
  • 寝落ち

(あと2回くらい同じことを繰り返す)

 

じきに、現実の住人である家族が部屋に入ってきたので、本当に目を覚ましました。

そして業者さんが来たのか来ていないのかの調査するために、引き取りを依頼したブツのある部屋に行きました。

結果、まだありました。悠然とそこに。まだ引き取ってもらえていないので、業者さんは来ていないことの方が現実なんですね。

あんなに無限ループする度に他人の存在を感じたので、正直納得していませんでしたが、目に入る現実は覆せない。

覚醒してから数分後に、現実の本物がいらっしゃいました。


TVで見た某芸能人による話からの考察

某芸能人が仕事から帰ってくるまでの間、自宅に残ったパートナーが体験したこと

  • 眠っていたら急に金縛り
  • 彼が帰ってきたが、本物じゃないってことはなぜかわかった
  • 無視して寝たふりをしていたら、彼は消え、また眠ってしまった
  • 再び金縛り
  • また彼が帰ってくる、今度はしつこく話しかけてくる。
  • 無視して寝たふり
  • 「ああ、やっぱわかるか」と違う人の声で言った後また消える
  • そして意識が飛んだ(眠った)

彼(本物)が帰ってきたときに起床してきて、「本物…?」と泣きそうになりながら聞いてきた。

この話、怖い話として取り上げていましたが、きっと全部夢だったんだと思うんですよねー。仮にこれが本当の霊体験であっても、無限ループ夢に酷似しすぎていますので、この感想を持ちました。全く同じではありませんが、私も似たような夢なら過去何度も見ています。きっとこれからも見る日はそのうち来るのでしょう。

私が主張したかったのは、この話が本当の心霊現象かそうでないかの議論ではなく、こんな感じのことは夢にもありうるよ!! ってことです。

 

スポンサーリンク

 


おわりに

上記に記載したように、夢が無限ループするときは、現実的ver.  霊体験風ver.各種取り揃っています。

こちらの症状は何度経験しても慣れないシリーズのうちの一つでもあります。夢を見ている最中よりも、覚醒した後に状況証拠を調査するときが一番ドキドキします。

眠いだけがナルコレプシーな訳ではありません眠る直前や、眠っている最中の症状にも色々悩まされるのがナルコレプシーです。


関連記事

ナルコレプシーってこんな病気

マルチタスクで脳が破壊されるという情報が信じがたかったので、調べてみました