ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

仮装の境界線

f:id:ri_tc:20161108132152j:plain

日本の文化は随分と寛容的なものです。「面白い」「楽しそう」と感じたものを取り入れて、自分たち用に作り替えてしまうのですから。人の行動や感情は常に動いているのだと教えてくれます。海の向こうから入ってくることに関して排他的でないことがこの国の一種の長所でなのでしょう。

 


スポンサーリンク

 


目次

 

 


 全ては価値観の差ってことでしょう

10月某日、友人にハロウィーンパーティに誘われました。 パーティの主旨は彼女自体もよくわかっていない様子でしたが、人が集まる場所は好きですし、なんか面白そうということで参加しました。場所は渋谷ではないところです。

 

「みんな仮装してきてね☆」という主催のメッセージがあったので、それなりにやる気になりました。 「ハロウィーン = お化けの仮装」が本来あるべき形なので、何かしらのお化けになろうと心に決め、実行しました。何に扮したのかを詳しく書くのは控えますが、少なくともゾンビではない ということだけは記載しておきます。それから○ン・キホーテで仕入れたものでもありません。

 

友人と共に、化粧も含め、それなりの仮装をした上で参加しましたところ、愕然としました。仮装? というばかりだったのです。ちらほら仮装風な人はいましたが、それにしても少数派です。我々を見た人に「ガチな人たちが来たよ」みたいなことを言われました。ガチ以外の選択肢があることを、我々は知りませんでした

 

 

仮装の境界線

そのパーティの中では「ガチ勢」の一人と認定された私は、アフロがついた帽子や、ネコ耳のようなカチューシャをつけて「仮装です」と言っている人が理解できないのです。

 

今や「プチ仮装」「全身仮装」という言葉が自然と生まれたように両者の差別化は甚だしいことでしょう。 全身仮装をしている人間から言わせれば、プチ仮装は仮装だと思えないのです。それはただの「面白いものをかぶっているだけの人」です。ワンタッチの仮装などあるはずがない。

それからド○・キホーテ で買ったであろう、なんの仮装なのかよくわからない衣装をきている人もよくわからないです。とりあえず非日常なものを着とけ感がハンパない。

 

 

ここまで色々書きましたが、最終的に重要なのは「イベントを楽しんでいる」ってところなので、もはやなんでもいいんですよね きっと、楽しければ。私の仮装も自己満足でしょうし。けれどカチューシャつけているだけの人を私は仮装とは思えないところは譲れないところです。

 

昨今ハロウィーンと仮装が盛り上がるようになったのは、なんでも取り入れる精神の日本人の気質の他、企業の参入も関係しているかと存じます。最近ではコスプレ衣装も業者製が多く作られているらしいですし。いくら仮装したいと思っていても、肝心の衣装を用意する手段が少なければ、叶わないことなのでしょうから。自作する根気がある人は限られているのです。

 

 

f:id:ri_tc:20161108132004j:plain

仮装規定

ハロウィーン期間は あらゆる興業施設にて、割引や、サービスなどの「仮装特典」が導入されていました。

 

東武動物公園にてハロウィーンナイトZOOのイベントをやっていたときにも、仮装特典があったらしいですが、そこでは仮装の基準が定められていました。「魔女やドラキュラのようなお化けの仮装」「マントをまとっている」などのような内容が書かれていたと記憶します。(公式サイトのページは消えてしまっているので確認できないのが残念です)そういう基準いいですね。

きっとそうでもしないとカチューシャ・帽子勢が増殖するんでしょうね。

 

あと気になったのが、halloweenって、「ハロウィン」なのか「ハロウィーン」なのか。発音的には後者だと思っています。

 

 

余談

ハロウィーン直前の週末(前述のパーティとは別の日)、某所で、軍関係の礼服らしきものを着ている男性がいました。思わず「どちらの礼服ですか?」と聞いてみましたらアメリカ海兵隊だと教えてくれました。そう、彼は海兵隊員の仮装をなさっていたのです。しかもガチのものだと、公式と同じ物を購入したそうです。 確かにパチもんとは違う風格と完成度を誇っていました。なにしろ公式提供なのですから当然ですね。

 

本物を一般人、しかも外国籍でも買えるというところが興味深かったので、後日調べてみたら以外とすぐに見つかりました。ミリタリーショップの可能性を新たに知りました。

米軍 制服 アメリカ 軍服 通販 海兵隊 ドレスジャケット 実物 販売

LA在庫制服

 

 

スポンサーリンク

 

 


関連記事

マルチタスクで脳が破壊されるという情報が信じがたかったので、調べてみました。

天職が見つからない人の理由

 

ナルコレプシーで「突然眠る」ってつまりこういうこと