ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

お金をかけずに唇荒れを治す方法

スポンサーリンク

 

 

f:id:ri_tc:20160407133101j:plain

私だけでしょうか。他にも同じ状態に陥った人がいますでしょうか。

リップクリームを塗っても塗っても一向に潤わない現象。

数時間置きに塗っても、リップクリームの種類を変えても、変えても唇の荒れはむしろひどくなる一方で。そして唇だけにとどまらず、輪郭を越えて赤くなり、乾燥し、痛く、かゆくなっていく。途方にくれます。

そんなときのお金をかけずに出来るベストな選択それは,

 

何もしない。

そんなまさかと思いますよね。でも言葉のままです。リップクリームや唇パックなどはせず。出来るだけ触らず。出来るだけ舐めず。

食事後は口元を拭くのではなく、洗面所の水で軽くすすぐとなおよいです。水気を拭くときは軽く押さえる程度です。

そうして何もしない時間を過ごしていきますと、荒れている状態にもよりますが、1週間前後あれば回復すると思われます。

リップクリームが効かない現象の原因は、「塗りすぎてしまうこと」だそうです。(by 皮膚科医)

それは薬用やヴァセリンでも同じことです。(実際私は最近ヴァセリンの塗りすぎでなりました)

上述の口元をすすぐのは、皮膚科医からの指導です。何もせず、自然のままの方がよいときもあるのですね。

初めて「唇荒れスパイラル」に陥ったのは数年前。その後は平和に過ごしていましたが、先日うっかり塗りすぎて似たような荒れ荒れ状態になりました。

数年前医師にかかったときは1日1回だけ使う塗り薬を出していただきました。今回は病院に行くことはせず、過去の医師の言葉を胸に「何もしない」ことに切り替えましたら、4~5日程度で概ね回復しました。

唇が荒れて、痛い、かゆいときはリップクリームを塗りたくなる気持ちは存分にわかります。ただ、塗っても塗っても一向に回復しないときは、一旦その衝動をグッと堪えて養生することをオススメします