ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

当ブログのスクリーンショットをインターネット上に載せるのはご遠慮願います。
インターネットとは個人ブログやTwitterをはじめとするSNSのことも含みます。

FGMについてのTEDを見ました

スポンサーリンク

 

 

f:id:ri_tc:20160201142315j:plain

女性器切除(じょせいきせつじょ、Female Genital Mutilation、略称FGM;「女性性器切除」とも表記する)あるいは女子割礼(じょしかつれい、Female Circumcision)とは、主にアフリカを中心に行われる風習であり、女性器の一部を切除あるい切開する行為のことであり成人儀礼のひとつ。女性器切除とはこの風習に対して虐待であると批判する人々が使う呼称であり、一方で批判の文脈とは独立に、男性器の包皮切除を行う男子割礼と同等の儀礼であると考える文脈では女子割礼の語が主に使われる。

女性器切除 - Wikipedia引用

カディジャ・ブアさんによる [私の母による「自立」の奇妙な定義]を見ました。

内容一部

  • 女性の性を管理するべきであるという文化的、宗教的な考え慣習が存在する
  • 文化によって、身体に余計な傷がつけられる可能性がある
  • 私が女の子として生まれる場所を間違えたからこんなめに遭った
  • 彼らにとっては当然のことであり、ほめられるべきことであるという認識である
  • これは虐待である。文化が虐待の理由になってはいけない
  • 過去の出来事ではなく、今もFGMを施される危険がある女児がいる
  • アフリカや中東だけではなく、オーストラリアでも実施されている
  • 私の時代で終わりにしたくて活動している、でも一人では多分無理だろう、力を貸して欲しい

 

他にも彼女がFGMを施された体験、この慣習に対する疑問を持った理由などを話しています


 

色々思うことがありましたが、一言で表すならばショックを受けました。文化による慣習は、ときに恐ろしいものであると改めて思います。

 

日本にも団体がありましたのでリンクを添付します。

FGM2.html

FGM廃絶を支援する女たちの会 Women's Action Against FGM, Japan - WAAF | Facebook