ナルコレプシーです、お見知りおきを

世界で日本人が一番多い過眠症、ナルコレプシーに関係あること、ないこと。

ブログを書くスピードについて嘆く時間

f:id:ri_tc:20160709174859j:plain

こちらのアンケートを拝見。驚きの結果。

naifix.com

 

平均30分ですか…。それほどまでに短い時間で書くなんて、私にはとうてい困難なことです。短時間で仕上げられる人たちには、本当に、尊敬の念を抱きます。 もちろん、データ元のアンケートは一部の方々の間で行われたものであるとは十分に存じています。現に私はそのアンケートに参加していませんし。

 

スポンサーリンク

 

 

短時間で文章が書ける人はすごい。ブログに限らずに思考を文章に変換する速さは見習いたいものです。 (しかし早く変換しすぎると、内容をよく理解できていなかったり、よく考えられていない、ということも起こりえますね。なので速さだけが正義とも言い難いと思うので、ほどほどに見習います)

 

 

上記アンケートの結果と自分との圧倒的 時間差を感じたので、自分が普段どのように記事を書いているかを書き出してみました。

 

ブログを更新するまでの行程

  • 思いついたこと、考えていることをメモ
  • (数日~数週間後) 本書き
  • (1日~数日後) 内容加筆、修正
  • 画像選択、リンク添付
  • (数時間後) 校正 ⇒ ブログ更新
  • スマホ版で見え方を確認 ⇒ レイアウトや余白スペースを修正

 

Wow!! トータル時間だと半端なく時間かかっていますね。 実施時間だと、そうでもないんですけどもね(多分)。さすがに30分以上はかかっていますが。

 

飽きっぽいので、一つの記事に集中して考えているのではなく、よく並行していくつか書いているので 出来上がりが さらに遅くなります。それから途中で眠くなると、それでもう作業ストップですし。家では(眠いことに対し) 頑張らないようにしているのです。

 

各行程でわざわざ時間を空けているのは、漬物石を置いて 寝かせておくことで、より美味しい味がつくからです、というのは冗談です。メモは考えがまとまってからの ときもあれば、本当に思いつきでメモすることもあります。思いつきメモですと本書きするまでに至らないというのが最大の理由です。それから内容の加筆・修正については、時間が経つことによって冷静になれる(気がする) からです。

 

全体文章の起承転結を考えながら書くのは得意ではないので、思いついたことを書き連ね、後から入れ替えたり、書き加えたりをして まとまりを持たせるのが私styleです。

 

 

自分の脳内で思考している内容を、人様に見せられる状態にまで持っていくことは難しいものです。紹介記事の方が早く出来る(当社比) ことからも、そういうことだと頷けます。

 

 

 

とくにこれは、年単位の長期間で考えていたこと(の一部) を出したので、(それっぽい根拠も伴って) 文章としてまとめるのに時間がかかりました。

 

思いついて、書き始め、光の速さで仕上がったのは こちらの記事くらいなものです(思い出す限り)。感情のままに、愛のままに、わがままに。

 

これも割と早くできたものです。驚きと好奇心により。それと、自分の考えというよりは調べたことの まとめだからですね。

 

 

もう31日ですね。2016年に書いたものを追憶するのは終わりにします。皆様よいお年を。

 

 


関連記事

『君の名は』で名前がわからない理由

日本に住んでいると他人の宗教を気にしない

1週間が長く感じる2つの理由